コレステロール低下にサポニン

サポニンとは

サポニンとは、植物の葉や茎などに含まれていて、苦味や渋みの原因となる成分です。
そのためにこのサポニンは、薬に混ざっていたりダニなどを寄せ付けない抗菌作用やニキビ予防や改善の殺菌作用や痰を切る働きの去痰作用などがあります。
サポニンは水と合わせると泡立つ事から界面活性剤と言われているので洗剤としても利用されてます。
サポニンとはサポニンを含む植物により様々な働きをするので、それによって用途がかわるのです。

サポニンの働きと効能

大豆や高麗人参などに含まれるサポニンは、コレステロール低下作用があり、動物性の食品をたくさん食べる方に必要な成分です。
また、大豆などの食物性の脂肪は動脈硬化を防ぐ働きをする不飽和脂肪酸も多く含んでいます。
サポニンが注目されている理由は、主に血中のコレステロールや中性脂肪・善玉コレステロールの上昇など脂質代謝を改善に効果があるからです。
そして、抗酸化作用の働きも持つサポニンは血液をサラサラにして心筋梗塞の予防、冷え・むくみによる血行不良も改善することが期待できます。

サポニンが豊富に含まれているサプリメント

田七人参の白井田七

田七人参の白井田七は世界でもわずかな場所でしか作れない田七人参の中でも、無農薬で育てた極小の田七人参を使ったサプリメントです。
田七人参といえば様々な栄養素が含まれていますが、その中でもサポニンが豊富に含まれているというのが挙げられます。
田七人参のサポニンの量は高麗人参に比べて約7倍ということなんです。
このようにかなり豊富なんです。
実際、田七人参の白井田七はコレステロールが気になる方や糖尿病、高血圧、痛風などが気になる方が多く愛用されています。

 

公式サイトはこちら⇒田七人参の白井田七

 

その他の田七人参を見て見たいという方はこちら⇒田七人参おすすめランキング

コレステロールを下げるサプリメント