中性脂肪とコレステロールの関係

コレステロールと中性脂肪は同じく脂肪の一種です。
体内にある脂肪は4種類存在します。
それは脂肪酸・中性脂肪・コレステロール・リン脂質の4つです。
この中のコレステロールは体内の細胞膜や副腎皮質ホルモン、性ホルモンの材料となっています。
脂肪酸は活動する為のエネルギー源として使われています。

 

 

中性脂肪は

では中性脂肪はどうでしょうか。
中性脂肪はトリグリセライドとも呼ばれ、脂肪細胞の中にあるものです。
すぐにはエネルギーとはならず、必要時に脂肪酸になります。
おなじく脂肪の一種ですが、役割は全く違ってきます。

 

コレステロールの値が高い状態では、中性脂肪の値も高いものとなります。
同じくエネルギーの過剰摂取をすることで、これらの値は高くなります。
原因が同じですので、結果的にどちらも高い状態になります。
その中でコレステロールはLDLコレステロールの値が高く、HDLコレステロールが低くなってしまいます。

中性脂肪が高いと

中性脂肪が高い値の場合、高脂血症という病気になります。
この状態では動脈硬化のリスクをさらに高めてしまいます。
血液中に中性脂肪が多い状態は、血液はどろどろになります。
流れにくくなる事に加え、血管を詰まらせる血栓を溶けにくくする物質まで作ってしまいます。
元々は中性脂肪もHDLコレステロールを作る必要不可欠なものなのですが、多すぎると悪影響を起こしてしまうのです。

 

中性脂肪はエネルギーの過剰摂取が原因で高くなりますので、摂取カロリーを低くした食生活をしていけば下げる事が出来ます。
これはコレステロールも同様です。
その為、中性脂肪とコレステロールの値は相関関係にあると言っていいでしょう。

中性脂肪を下げるために摂りたい食べ物(成分)

 

他のページでもさんざん書いてきましたがEPA・DHAです。
特にEPAは血中中性脂肪を下げる効果が期待できるといわれています。
さらに相関関係のあるコレステロールにも影響してきます。

 

EPAやDHAは青魚などに多く含まれますが、EPAやDHAは熱に弱く酸化しやすいので効率的に摂取できなかったりもします。
そこでサプリメントが人気になっているわけですね。

 

ではおすすめのサプリメントを紹介したいと思います。

 

イマークS

イマークはニッスイが提供する特定保健用食品 (トクホ)のドリンクになります。

 

まず先ほど説明したEPAが豊富に含まれています。
含有量はというと1本にEPAが600mg、DHAが260mgで計860mg配合されています。

 

しっかり配合されていてドリンクタイプでヨーグルト風味で飲みやすいと思います。

 

お試しセットは1,050 円(税込)で送料無料なので試してみやすいと思います。

価格 容量 評価
お試し1,000円(税別) 10本分 中性脂肪とコレステロールの関係

公式サイトはこちら⇒イマークS