ALA(α-リノレン酸)とは

ALA(α-リノレン酸)とは有機化合物でなたね油や大豆油、サラダ油など多くの植物油に含まれている多不飽和脂肪酸のことで、特にエゴマオイルやなたね油に多く含まれています。

 

多くの動物ではALAを体内で合成・蓄積することができないために摂取する必要がある必須栄養素の一つとされています。
体内では摂取したALAを元にしてEPAやDHAが生成されます。
これらEPAやDHAにはコレステロール値をコントロールする働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞、高脂血症や高血圧などの予防や健康増進効果があると言われています。
また、ALAにはリノール酸の働きを抑制する作用もあることから花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和する働きもあります。

 

以上のように様々な健康増進作用のあるALAですが、酸化しやすいため摂取する時は炒め物など加熱調理をするのではなく、ドレッシングなどできるだけ加熱せず生の状態で摂取する方がより効率が良いです。

コレステロールを下げるサプリメント